スマートフォンはパソコンに近い 携帯端末として将来的に有望!

FrontPage

スマートフォン

今、新しいビジネスツールとしても注目されている、スマートフォン<smartphone>とはどういうものでしょうか。

keyboard

スマートフォンのその特徴とは

  • 携帯電話、PHSと携帯情報端末(PDA)が融合したデジタルツールです。
  • 専用オペレーティングシステム上で独自のアプリケーションの実行が可能です。
  • PCに近い利用が可能な携帯端末を、将来的に発展するようになるでしょう。
    PCで作成したオフィスドキュメントの閲覧/編集が可能です。
  • PCとほとんど同じフルブラウザでインターネットを利用でき、多くの機種は小さいながらも標準的フルキーボードを備えています。
  • PCと同期を取ることにより情報の一元管理やスケジュール管理も可能になっています。

携帯とはどう違うか

  • 携帯電話の機能は発売当初から比べると多くの進化を遂げています。
  • 日本の携帯電話はエンターテイメント機能の多機能進化が主で、ビジネス用途にあまり主眼を置いていないに見えます。
  • これに対して、欧米ではビジネス用途の機能を強化した機種がいくつも存在し、それらはジャンルとして「スマートフォン」と呼ばれています。
  • アドレス帳機能、スケジュール機能などのPDA的な機能は通常、搭載されています。
  • 機種によってはワープロや表計算ソフト機能などが搭載され、機能も充実しています。
  • 当然、フルキーボードが搭載されるなどして、超小型のノートPCのように使えます。

アメリカで人気のあったスマートフォン世界最大市場はアメリカです。

  • アドレス帳、スケジュール機能、メモ機能などを機能を持ち、独自の手書きでの入力、少ないボタン操作で使える独特の操作体系を持つものだった。
  • また、PCデータが手軽にシンクロできるのも特徴だった。これらが普及を促進させた理由でもあるでしょう。

日本のスマートフォンと価格

  • 昨年末に登場したウィルコムのW-ZERO3はスマートフォンとしては、国内初のヒットとなりました。
  • 価格も4万円程度と安いこと。
  • PHS通信料となり携帯電話の通信料より安く、当然、ビジネス向けとしてヒットするのは必然的です。

短所挙げると

  • パソコンや携帯情報端末に比べて機能や性能では劣り、ボタンが少ないこと。
  • そのため情報入力には向かない。しかし長時間駆動が可能で作業場所を選ばず軽量である。

今後の国内のスマートフォン

  • 社内情報の共有やメール端末、情報受信端末としての普及が期待されている。
  • 日本国内でもさまざまなスマートフォンが出てきて、競争が起こって、より進化してきているようにみられる。
  • なぜなら、NTTドコモからもスマートフォンから出て来ている。今後のスマートフォンの進化とマーケットが期待できそうなこと。
    機種のついて

サンプルとしてNTTの機種を2つ紹介します。

(NTT−Hpより抜粋)

  • NTT DoCoMo htc Z
    • タッチパネルとフルキーボードを搭載した、NTT DoCoMoのビジネス向け3G端末です。
  • 無線LAN端末機能を搭載しており、GSM/GPRS/W-CDMA通信だけでなく、公衆無線LANホットスポットや社内無線LAN(IEEE802.11b)に対応しています。
  • PCと同じフルブラウザを搭載し、PCと同じPOP/IMAP対応の同じメーラが利用可能で、さらにはWord、Excel、PowerPoint、PDFドキュメントが閲覧/編集できます。
  • USBやBluetoothを搭載。オペレーティングシステムにWindows Mobileを搭載しています。
  • BlackBerry 8707h
    • BlackBerry 8707hは、フルキーボードを搭載したNTT DoCoMoの、法人向け多機能3G携帯端末です。
  • GSM/GPRS/W-CDMA通信、フルブラウザ搭載、プッシュ着信可能な
    • メール、Word、 Excel、PowerPoint、PDFドキュメントの閲覧が可能です。
  • USB、Bluetoothを搭載しています。

スポンサーリンク

スマートフォン通販ショップ

***スマートフォン 一覧 ***

powered by Quick Homepage Maker 4.23
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional